大阪・神戸・奈良・京都を中心にNPOのWEB制作やITサポートをしています。

以前、このブログで『body_class』ってのを紹介したと思います。
その他にも実はありまして、『post_class』ってのがあります。

記載する場所は、sinlge.phpやpage.phpになります。
※『get_template_part』でさらにテンプレートを読み込ましていたら、読み込んでるテンプレートファイルになるかも。

この部分ですね。

スナップショット 12:11:28 21:03-2

<?php while ( have_posts() ) : the_post(); ?>

	<article id="post-<?php the_ID(); ?>" <?php post_class(); ?>>
		<header class="entry-header">

			<h1 class="entry-title"><?php the_title(); ?></h1>

		</header><!-- .entry-header -->

		<div class="entry-content">
			<?php the_content(); ?>
			<?php wp_link_pages(); ?>
		</div><!-- .entry-content -->

		<footer class="entry-meta">

		</footer><!-- .entry-meta -->

	</article>
<?php endwhile; ?>

上記コードの2行目『<article id=”post-<?php the_ID(); ?>” <?php post_class(); ?>>』の部分になります。

こんな感じで出力されます。
class=”post-460 post type-post status-publish format-standard hentry category-wordpress”

リファレンスによると場合によっては他のクラスも出力されます。(tagとかね)

  • post-id
  • .post
  • .attachment
  • .sticky
  • .hentry (hAtom microformat pages)
  • .category-ID
  • .category-name
  • .tag-name
  • .format-name

Referenceより:http://codex.wordpress.org/Function_Reference/post_class

single.php,page.phpの記事にはpost_classで出力されるクラスで装飾してあげて、それ以外のarchive.phpやhome.php,search.php,404.phpなどはbody_classで出力されるクラスで装飾してあげるといいのかも^^

コメントを残す

メニューを閉じる