あなたは『echo』派?それとも『print』派?

PHPでブラウザーで文字を出力するときに必ず使う2つの『echo』と『print』の話しです。
みなさんはどちらの関数命令を使う人ですか?両方の人とかいるんかな。
ちなみに私は『echo』派です。たまに『print』派と遭遇します。

※ echoは関数ではなく「言語構造」のようです。指摘して頂き、ありがとうございます!m(__)m

echo は実際には関数ではありません (言語構造です)。このため、使用する際に括弧は必要ありません。 (いくつかの他の言語構造と異なり) echo は関数のように動作しません。そのため、 関数のコンテキスト中では常に使用することができません。 加えて、複数のパラメータを指定して echo をコールしたい場合、括弧の中にパラメータを記述してはいけません。
http://php.net/manual/ja/function.echo.php

コピペプログラマーのWordPressのテンプレートを見たら、両方書かれていることがあり、『ああぁ、色なところからコピペしてきたんだなぁ〜』って思う時があります。

で、初心者講習会でも少しプログラムを書ける人が参加するしてると『echo』と『print』って何が違うんですか?って質問がきますー。
※Perl言語では、確かechoがなかったのでprintを使うことになり、昔からCGIとかをPerlで組んでるた方はprint派の人が多いのかな?と思います。

で、私もあまり厳密に知らなかったので、調べてみました。

基本的には一緒

『ブラウザーに文字を出力する』ってことに関しては一緒です。なので、好きな方を使ってください。

[php] <!DOCTYPE html>
<html lang=”ja”>
<head>
<meta charset=”UTF-8″>
<title>PHPってそんなに難しくないかも?</title>
</head>
<body>

<p>・Echoの場合:<?php echo “薬アレルギーは怖いよ!”; ?></p>

<p>・printの場合:<?php print( “薬アレルギーは怖いよ!”); ?></p>

</body>
</html>
[/php]

ブラウザーではこんな感じで表示されます。

スナップショット 12:11:29 19:35

大きく違うところ

気にするほどでもないですが、違うところと言えば、

目次

printには戻り値がある

printには戻り値があります。成功すると1(true)が返ってきます。失敗すると0(false)が返ってきます。
こんな感じです。

[php] <!DOCTYPE html>
<html lang=”ja”>
<head>
<meta charset=”UTF-8″>
<title>PHPってそんなに難しくないかも?</title>
</head>
<body>

<p>・printで出力:<?php $output = print( “薬アレルギーは怖いよ!”); ?></p>
<p>・戻り値の中を出力:<?php print($output); ?></p>

</body>
</html>
[/php]

スナップショット 12:11:29 19:39

処理スピードを比較するとprintはechoより戻り値を返してくる分スピードが遅くなります。
※まぁ、あまり言うほど変わらないと思います。

echoはカンマ区切りで文字を連結可能

逆にechoにしか出来ないことは、引数を複数渡すことが可能です。
要はカンマ区切りで文字列を渡すことにより連結した文章を出力してくれます。
こんな感じです。

[php] <!DOCTYPE html>
<html lang=”ja”>
<head>
<meta charset=”UTF-8″>
<title>PHPってそんなに難しくないかも?</title>
</head>
<body>

<p>今日の日付を出力:<?php echo “現在”, date(‘Y-m-d’),”です。” ?></p>

</body>
</html>
[/php]

ブラウザーではこう見えます。

スナップショット 12:11:29 19:47

カンマで区切った文字が連結されてますね^^

でも文字列の連結するときは、私はいつも『.』ドットを使っちゃいますが・・・

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

「エンジニアのためのWordPress開発入門」を執筆しました!

WordPressを使った開発案件は依然多く、それに携わるWebエンジニアも多数存在します。ただし、モダンな開発手法に慣れたWebエンジニアがWordPressに初めて触れたとき、その独特のアーキテクチャやシステムの構成に戸惑いを感じることがあるかもしれません。だが、WordPressは、それらを補ったうえにさらに強力なメリットを持ち合わせています。本書は、PHPプログラマがWordPressで開発する際に必要な基礎知識から、現場で役立つ具体的なカスタマイズ手法や開発のポイントについて詳しく解説しています。

この記事を書いた人

NPO法人のHP制作(WordPress)やkintoneを使った業務システムの構築をしています。サイボウズ株式会社公認kintoneエバンジェリスト/CoderDojo西宮と梅田のチャンピオン/認定NPO法人宝塚NPOセンター理事/NPO法人SEIN理事/

コメント

コメント一覧 (10件)

コメントする

目次
閉じる