ダブルクォーテーションとシングルクォーテーションの違い

新年明けましておめでとうございます。

年末に少し体調崩してからブログの更新をお休みさせて頂いてました。せっかくなんで年明けまでお休みしてまおうと思って約1ヶ月間お休みをさせて頂いてました。
今年からまた改めて再開しますので、皆様よろしくお願いしますm(__)m

今回は、PHPでプログラミングする際に良く出てくるダブルクォーテーションとシングルクォーテーションについてのお話です。
色んな方のプログラミングのコードを見てみると、例えばechoで文字列を出力するさいダブルクォーテーションを使って出力される方とシングルクォーテーションを使って出力される方とがいます。

どちらを使っても同じ処理結果になります。こんな感じ。

[php] <!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>PHPってそんなに難しくないかも?</title>
</head>
<body>

<p><?php echo "ダブルクォーテーションの場合:2012年1月1日 あけましておめでとうございます。"; ?></p>
<p><?php echo ‘シングルクォーテーションの場合:2012年1月1日 あけましておめでとうございます。’; ?></p>

</body>
</html>
[/php]

ブラウザーでこんな感じに出力されます。

スクリーンショット_13_01_01_7_42
※2012年・・・は気にしないで・・・

ダブルクォーテーションもシングルクォーテーションも同じ処理結果です。
ではどのように使い分けをしたら良いのか。

実はダブルクォーテーション内では変数に格納されている値を出力してくれます。
では実際にダブルクォーテーションとシングルクォーテーション内に変数を書いてみます。

[php] <!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>PHPってそんなに難しくないかも?</title>
</head>
<body>

<?php $date = date(‘Y年m月d日’); ?>

<p><?php echo "ダブルクォーテーションの場合:$date あけましておめでとうございます。"; ?></p>
<p><?php echo ‘シングルクォーテーションの場合:$date あけましておめでとうございます。’; ?></p>

</body>
</html>
[/php]

こんな感じですね。
ブラウザーの出力結果はこんな感じです。

スクリーンショット_13_01_01_8_08

ダブルクォーテーションの場合は$dateに格納されている値が出力されました。
一方シングルクォーテーションの方は『$date』の文字がそのまま出力されてしまいました。

このようにダブルクォーテーションはシングルクォーテーションより高機能なのですが、
高機能ということはPHPが知らないとところで頑張ってくれていることになります。
頑張っているということは処理速度が少し遅くなるということにもつながります。

塵も積もればなんとやら・・・
ダブルクォーテーションではないとまずい処理以外では、シングルクォーテーションを使った方がいいかもしれませんね。

ダブルクォーテーションとシングルクォーテーションの違い
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です